【2018年最新】MacでGitを導入してみた。




Macユーザーになりました!

たっくん
みなさんこんにちは。たっくんです。

実は新しいPCが欲しくて、MacBookPro_2018が、ようやく届きました。

今まで多少仕事でMacで作業する機会もありましたが、完全にMacユーザーにチェンジしました。

ずっとWindows一途だったので、不慣れな操作と右クリックの仕方がわからず泣いてました。

特にGitに関しては、TortoiseGitが優秀すぎて、すっかり慣れてしまったため、コマンドが・・・

そしてSourceTreeも使ったことなくて泣いてました。

センパイ
いや、泣きすぎでしょ!

ということで、本日は新しいMacにGitの導入をしていこうと思います。

Gitの導入方法について

さっそく、MacでのGitを導入していきます。

Gitは基本的に公式サイトからインストールがデフォルトですが、Macでは導入方法は2つあります。

Macの導入方法

  1. Windowsと同様公式サイトからインストール
  2. homebrewでインストール

今回は、②の方法でダウンロードしようと思います。ついでにhomebrewの設定もします。

Homebrewとは?

ターミナルからソフトウェアダウンロードをサポートする、パッケージ管理システムです。

特に、エンジニアの方は簡単にプログラミングの環境構築ができちゃいます。

たっくん
Macがエンジニア最強と言われる由縁!

homebrewをコマンドで使うには、XcodeとCommand Line Toolsが必要なのでダウンロードしてください。(ダウンロード方法は省略します。)

Command Line Toolsは最新のXcodeをダウンロードすると、自動的に入っています。まずはhomebrewをインストールしましょう。

Homebrewの導入

ターミナルを開きます。ターミナル はアプリケーションのユーティリティーのディレクトリの中にあります。

ターミナルを起動しましょう!その後、公式サイトのTOPに書いてある最新のコマンドを入力します。

$/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

ダウンロードが完了したら、次にhomebrewの状態を確認しましょう。

以下のコマンドを入力してください。($は抜いてね!)

$brew doctor

Your system is ready to brewと表示されればOKです。

何か問題がある場合は、Warningなどの警告表示が出ます。

こちらの解決方法は調べてみてください。

最後に念の為、homebrewを最新状態にアップデートさせます。

$brew update

GItの導入について

ここまで準備ができればさっそくGit のインストールと最低限の初期設定をしましょう。

$brew install git

インストールされたか確認します。

$brew list

Gitが記載されていればOKです。次にバージョンを確認してください。

$git --version

2018/12/09の次点では最新のGitのバージョンが2.19.2 です。

次に初期設定を行いましょう。

Git公式サイトにもあるように個人の識別情報を登録します。

これを登録しないとエラーになります。

以下のコマンドを入力しましょう。

$git config --global user.name "〇〇〇〇〇〇〇〇"
$git config --global user.email "〇〇〇〇@〇〇〇〇"
たっくん
○○は名前とアドレスだよ!

次にGitの標準のエディタの設定をします。Vimが一番ですが、たっくんはVScodeで設定します。

$git config --global core.editor "code --wait"

Vimで設定する場合は以下にしましょう。

$git config --global core.editor vim

次に変更差分に色をつける方法です。

$git config git config --global color.ui true

一旦、こちらに設定しておきましょう。

最後に以下のコマンドで各種設定を確認しましょう!

$git config --list

各種設定が反映されていれば問題ないです。

他にも、色々とお好みで設定できるので、公式サイトで確認してみてください。

以上でMacのGitの導入と最低限の設定は完了です。

たっくん
ターミナルもhomebrewも便利すぎる!!

まとめ

Gitの導入がWindowsとMacだと少し手順が違ったりなので、色々調べながらも設定できました。

次回はSourceTreeの使い方の手順なども記載できたらいいなと思います。

たっくん
今後はThinkPadではなく、Macユーザーの印象を植え付けよう。笑
たっくん
読んでくれて本当にありがとう!ブログランキング参加中だからよかったらクリックしてね!








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

バレンタインデーイブ生まれの27歳。東京生まれのさいたま育ち。小売業界からIT業界など複数の会社を経験。現在は都内や都内近郊でITコンサルティングやITエンジニア、WEBマーケティングなど幅広く活躍中。趣味はカフェ巡りとフェス巡り。好きな映画はMCUシリーズ。好きな歌手は阿部真央、ワンオク、あいみょん、スキマ、リトグリ。好きな本は千田琢哉さんの100の言葉シリーズ。好きな漫画はワンピースとキングダム。